居宅介護支援サービス

ケアマネジャー(介護支援専門員)がご本人やご家族の希望を

伺いながらケアプラン(介護サービス計画)を作成し、在宅生活を安心して送っていただけるようにお手伝いいたします。

 

ケアプラン作成からサービス開始までの流れは

次のようになります。

サービス開始までの流れ

①介護保険の申請

 介護サービスを受けるには、要介護認定機関(市区町村等)へ書類提出等の

 申請を行い、介護認定を受ける必要があります。

 

②認定調査

 ケアマネジャーがご家庭を訪問して、利用者様の様子を調べます。

 

③主治医の意見書

 主治医による医学的な診断書が必要になります。

 

④要介護認定

 認定調査の結果や主治医の意見書をもとに、市区町村の保険・福祉等の

 専門家による介護認定の判定が行われます。(介護認定委員会)

 

⑤ケアプランの作成(契約)

 判定を受けたら、ケアマネジャーがご本人やご家族の希望を考慮しながら、

 ケアプランを作成します。

 

⑥サービス開始

 ケアプランをもとに、介護サービスを受けることができます。